QLOOKアクセス解析

スペアリブで煮込む!隠し味にケチャップ・ウスターソースを!!


FC2トラックバックテーマ 第2155回 「おうちのカレーの具材は?」


我が家のカレーです。
野菜は、玉葱・ジャガイモ・人参が必ずはいります。
子供が小さい頃は、人参をみじんぎりにしていましたが、今は普通の切り方!

多分、テレビだ観たような記憶ですが、スペアリブを煮込んでスープ作り!!
カレーの日は、ちょっと早めからスープつくり!!

野菜をスープで煮込んで・・・・・・・・
そして、隠し味です。
トマトケチャップ!ウスターソース!
これらを適量、いれています。
カレールーはハウスバーモンドカレー(^^♪
私のお口にあったようです。他のメーカーは買う事がありません。

子供らは、たぶん、ハウスバーモンドカレーの味しか知りません。
あらら?結婚をしてるんだっけ!!
お嫁さんの味に、しっかりと、しこまれてるかしら?(*^▽^*)

最近の我が家のカレーとは、その日にお出かけ!!
こんな時に登場します。そして、その日には必ず、主人につけるのがお刺身!!
カレーの日には”お刺身がある”
そこで、主人は喜んでそう・・・・・(笑)
料理に手間暇がかかりません。煮込めば終わり!!

カレーライスとは、なんと、すばらしい料理だろう・・と思う!
カレーライスに、いっぱいの拍手を送りたくなれる私!
:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: ワーイ♪
スポンサーサイト

ピコ・チロは大好きインコで!ごまあざらしがかわいくてごまちゃんと!


FC2トラックバックテーマ 第2144回 「あなたのブログタイトルの由来は何ですか?」


HPが”ピコとチロの部屋”
ブログを二個所で書いています。
*ブログ”ピコとチロの部屋【テレビドラマ*感想】
*ブログ”ピコとチロの部屋≪ごまちゃんのひとり言≫
Twitterに”Gomaちゃん

同じ文字を並べてるよ・・・・・
それでね、名前のピコとチロとは手乗りインコです。

小鳥を飼う・・が夢で、インコのかわいさを知ったのは小学生
職員室の前に、たくさんのインコがいました。
五年生になった時、部活動が始まりました。
沢山の部活動で”インコの餌をあげる”という部がありました。
小さな紙に『この部に入りたいよ』の希望を書きます。
田舎の小学校で、皆さんが『小鳥に餌をあげたいよ』で
私は抽選にもれる・・・・・
二年間、とうとう、なれませんでした。
飼いたかったな!

小学生の頃、おばさまからもらったのが十姉妹
父の作った鳥かごで、赤ちゃんができて、どんどんふえていく・・。
十姉妹に名前はありません。

インコを買いました。夢がかないました。
長女が二歳!
遊びのお仲間として、インコを!!
そして、小学生の頃からの私の夢がその日にかないました。
インコにピコと。名付け親は私よ♪

チロ!
名付け親は長女♪
 「名前を何にしようかな」
と、考えていました。長女も小鳥、大好きになっていました。
 「おかあさん、チロちゃんは?かわいいよ」
小学校六年生の長女が名付け親よ♪

ごまちゃん!
ある日、田舎に帰っていた私。帰りは列車で!
無人駅です。ホームに小さな女の子とおばあちゃんです。
 「かわいいね」
ぬいぐるみを抱っこしてた女の子に話しかけました。
 「ごまちゃんよ!」と女の子
ごまちゃんとよんでるんだ・・・と私。
かわいい女の子と、ごまちゃんの話を後に、娘に話しました。
 「お母さん、漫画もあるんだよ。」
次の帰省に”少年アシベ”の漫画を3冊、買ってきました。
ゴマちゃんがいる(^^♪
ゴマちゃんをその時に知りました。(*^▽^*)

Twitter名は『Gomaちゃん』
ごまちゃん大好きになれてたから、すぐさま決めた名前

大好きなネット遊びでつかっている、私ですよの名前の由来
ピコ・チロ・Gomaちゃん・ごまちゃん・
どこかでみかけましたら、仲良くしてね。
☆^v(*^∇')乂('∇^*)v^☆

ごまちゃんのお話はある日のあるブログに、書いていたかしら(*^▽^*)

どこまで食べれますか?

 どこまで食べれますか?

S子が入院中のおばあちゃんに”ザルソバ”を二人分買って行きました。
一皿を食べ、二皿めに、二口三口食べて
 「やっぱり、食べれんわ。S子、食べたら?」とおばあちゃん
 「いやいや、今、お昼終えたばっかりだから・・・」とS子
一緒に食べるつもりで二人分買っていったら、包みを見たおばあちゃま。
取り出して食べ始めたら、嫁のS子は見えなかったようで・・・。
二皿分まで手をつけました。

で、S子の演説?が始まりました。
 「食べ残しの食べ物、誰までは皆は食べれるかな?」とS子
 「子供の食べ残しは文句なく、大丈夫だわ!」
 「両親もまあ、食べれるよね。義理がつくと、もう無理っぽくなっていく・・。」
 「旦那の食べ残しは食べれる?」とS子
この質問には皆、ちょっと考えていました。

 「微妙な段階だね。あぁ~やっぱり食べたくないわ!」Y子
 「ねぇ、カニが残ってたらどうする?」とE子
 「え~カニ?食べさしてくれる事、ないし・・。」Y子
私ら、おばさまは正直なのでこんな「時に、又、考え込みます。(*^▽^*)

 「そんなん、食べたかったら自分で買って食べればいいんよ」とS子
三人の会話はこんな感じです。そして笑う!!
ある日のお話(^^♪

その時、聞きながら 答えながら考えていました。
 ”自分が無意識にささげれる愛情”は、女性だったら、『子供』
子供からはもしも裏切られても許せるかな?!
他からは裏切られたら許すのには努力がいる。
相方だったら、努力。努力。努力。
もっと、もっと、並べたくなる・・・・・・・・・・・(笑)
 

夫がぎっくり腰になったあの日のお話


FC2トラックバックテーマ 第2133回 「最近笑ったことは?」


「アウ~ン ウン」
すごい声があちらの部屋から聞こえてきました。
飛んで行く!!
 「どうしたの?」
 「ギックリ腰らしい」
聞いた事はあるが、見る?のは初めてで、すごく痛そうで!こんな顔をみるのも初めてで!
あわてて当番医を探しました。
 「えっ、どうしよう、今日の当番医バイト先の病院だわ・・・・・」
 「何でもいいから、とにかく・・・」と主人
えっ、小ちゃな声で言ったつもりなのに・・・主人には聞こえてたらしい。
自分の痛みでないので、少しだけ冷静になっている怖い私。

 「トイレに行きたくなった・・・」
 「えっ、何で?」
 「行きたいから肩、貸して・・・」
トイレ前まで連れて行く。こんな事も、結婚をして以来初めて!!
 「イタッ 持てない」
 「えっ、何が?あっ、私 持ってあげようか・・」
あぁ~もう、我慢が出来ない。トイレ前で座って待っていた私は笑ってしまった。
声を押しころして・・って こんな時を言うのかしら?!
トイレの中から旦那さまの声がある。
 「お母さん、笑ってるやろう?」
 「ううん、笑ってないよ」
と答えた!!
『笑ってないよ』
この声を聴けば、多分、もうバレバレになってるでしょうの私の声。

病院の待合室の椅子に寝かせて主人の横で私はさっきの思い出し笑いが
又、始まっていました。
先生が奥から出て来て
 「どうされましたか」と先生
 「ギックリ腰らしくて・・」と主人
一瞬、今までの思い出し笑いが止まった私でしたが・・・・・・・・
その時に先生を見上げました。。
先生は私の様子に気づいてたようで、私につられての、笑い?を
我慢してそうなお顔がみえました。

看護婦さんのM子。いつもは
”はしがころんでも、笑いそうな彼女”が笑いませんでした。
そして、こんな場面を見せてしまった自分にその時、初めて恥ずかしさに気づいていました。

でも、今日、洗濯をしながら、又思い出し笑いをしています。
もしかしたら、しばらくはこんな事が続くかも・・・・・。
私は他人(夫)の不幸で笑える(*^▽^*)
私って、どんな女かしら?

その後、自分が”ぎっくり腰”をして、強い痛みを知りました。
あの時、なぜ、笑ったのだろう?
多分、主人の顔を見たから・・・トイレがあったから・・・

あの笑いは、今は反省しています。
このお話は数年前のお話です。

父の愛・似顔絵・【ダントツな涙の思い出】


FC2トラックバックテーマ 第2125回 「最近、泣いたことは?」


私のすてられないもの!!

父が、誕生して間のない頃からの私の似顔絵を描いていました。

そして、五十年以上も前の私の似顔絵を最近、手にしました。
父は私達子供をモデルにして、よく絵にしていました。
父が亡くなり 母が亡くなった後で私は弟から”私の似顔絵”を受け取りました。
そこには母の、なつかしすぎる”文字”もありました。

   『〇〇ちゃんの絵 おとうさんが書いた』
と、あります。
父が亡くなって後、母はずっと、どこかに、残してくれてたのでしょう。
私の似顔絵!そして弟の勤務先の封筒もありました。
封筒からみえるのは、弟が働き始めたのは、〇〇年だから・・・・・
時間の流れがそこにはあります。
父も亡くなって、母も亡くなってて、謎になりました。
私の似顔絵はどこかに大事に残されて
いた事だけがわかりました。
子供の頃、見た事があるのですが、その後、私は一度も
目にしていません。

産まれた当時 そして小学生の頃 数枚の似顔絵からは”父の愛”がありました。
ずっと手元に大事に残してくれてた”母の思い”に礼をいう事は出来ませんでした。

父の遺伝子は弟に受け継がれてそして、私の子供に受け継がれたようです。
残念ながら私に絵心はありません。(笑)

私の思い出す涙とは、あの日です。
弟から”似顔絵”を受け取ったときにどれほど多くの涙がこぼれたか知れません。
父・母・の愛をいっぱい感じての涙だったのでしょう。


   【ダントツ】
こんな時に使える言葉ではないかしら!!今日のブログタイトルに入れたくなりました。
   【ダントツな涙の思い出】と。



プロフィール

てんとう虫

Author:てんとう虫
日常はフイットネスクラブ通い。
エアロビクス、太極拳にはまっています。
”人生は楽しむ”
をモットーに旅も大好きの主婦!

最新記事
カテゴリ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
ブログランキング
Twitter
Twitter
リンク
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
リンク
フリーエリア