QLOOKアクセス解析

第1917回 「小さな悩み」


第1917回 「小さな悩み」


年末に田舎に帰りました。
空き家になってるお部屋の掃除!お墓参り!
我が家の年末行事!

菜園は冬です。
主人が玉葱!にんにく!ワケギを植えていました。
畑のはしの方にユズがいっぱいなっていました。
”少し、正月用に持って帰ろう”
そこが私の考え!

帰ってびっくり!
ユズがいっぱいです。
 「お父さん!木にあったら、いつまでもいたまないのに、どうして?」
 「ムニャムニャ・・・・・・・・・・・」
こんな時に、はっきりしたお返事がありません。(*^-^*)

27日 子供らが帰って来ました。 
 「そうだ!柚子湯にしよう!」
主人は思い付きの自分の考えに満足そうです。

さぁ~毎晩、柚子湯です。
お風呂にプカプカ浮いています。
香りはいいな(^^♪

きのうの夜、言いました。
 「お父さん、カボスはもうないし、ユズを使いたい!今夜からお風呂はやめようよ」
 「う~ん??????」
何だか、わかってなさそう!
『香りがいいよ。あたたまるよ』
そう、お嫁さんから言われたのが、よほど嬉しかったのか
 『酢』にしましょうを今夜、、出来るのかな?
じっと見ときましょうか。

私のちいさな悩み
FCブログのトラックバックテーマで31日です。
『ピコとチロの部屋・テレビドラマ感想日記』
2015年もよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

相棒season13 第9話「サイドストーリー」

相棒 第9話「サイドストーリー」
 「美人介護士殺人事件です。キャバクラで働いてて、常連客の家を転々としていました」
テレビで事件の様子を伝えています。

 『真犯人は別にいます』
匿名告発ダイヤルにありました。
 「市民の意見を聞かなかったと批判される・・・」と中園(小野 了)
 「暇か?」角田(山西 惇)
 「暇ですね」右京(水谷豊)
伊丹(川原和久)は”犯人は逮捕出来てるのに・・・忙しい”
 「暇でしょうね」と皆で言いながら、そして、
特命係に”美人介護士殺人事件”の捜査依頼にきます。

さて、風評が立つ怖さを知りました。
奈々(まつながひろこ)は介護士です。アルバイトがキャバクラです。
職業で・・・・・と言うより、亡くなってたら、誰がその人の
ほんとの姿を伝えれるのでしょう。本人にはできません。
掲示板ではテレビ・週刊紙を見聞きした方からの書き込みです。
 「個人情報がもれて実家までわかってる・・・」とは享(成宮寛貴)
卒業で就職!親は子供の日常を、知るすべもありません。
どなたかが、どんな風に伝えるかになるでしょう。

奈々は元夫からのがれる為にアルバイトは学費を稼ぐためと
後になり、ありましたが、報道や活字になった後・・・・・・・
彼女の名誉は右京が語っていましたが・・・・・。
あのような場合、ドラマですから何もありませんでしたが
嘘の報道がされた場合、マスコミの後始末って、どうなるのかしら!!

事件となったのは
母親の介護をしていた茂樹(吉満寛人)が
介護放棄が奈々に知れる・・。責められるのではないか・・。
で、元夫に居場所を知らせる。
茂樹は奈々が逃げ回ってる。ストーカーらしきになり、探してる元夫を知りながら
元夫への連絡先メモを『大事に持っていました』
はわかりませんの謎でした。

私には大事に持っている名刺があります。
長男の○○○勤務!
大きいです。本社勤務にもなれましたが、転職!
今回、ドラマでありました。
社会保険労務士となり活躍中!
一枚の名刺!すてられずに残してあります。想い出!!

 「まさか、殺されるなんて!」
 「この子はストーカーに電話をしただけだろう」
こんな会話を聞きました。
そして、茂樹は言いました。
 「会社もやめた!これから先、介護におわれ続ける。
     なんの為に生きてるのか 自分の人生は・・・・・」と。

”相棒 放送の三日後”
読売新聞人生相談に『母の介護20年いつまで続く』と40代の女性の方が・・
ドラマではありません。現実のお話です。
介護で自分の人生をなくすなんては、悲しいお話です。
プールのお仲間おじさま!
東京から母の介護に来てられます。家族は別居
おじさまはお暇な時間にプールに来ています。
こちらの人生相談の回答者・久田恵さん(作家)の方が答えていました。
 :::介護中だからできないから、介護中でもできる
と気持ちをシフトするといいですね・・と。

東京からきているおじさまとは知らずにいて知って、感動してツィッターでもつぶやいた私

今夜は”行列のできる法律相談所”を今から観るんだね。
スマップのお二人!稲垣くん、草彅くんが出演!
スマップコンサートに行ったんだね。
いつもはケーブルテレビ!
今夜は”行列のできる法律相談所”なんだね。
私の番組選びはこんな感じなのね。(*^▽^*)

FC2トラックバックテーマ 第1912回 「冬といえばなんですか?」


FC2トラックバックテーマ 第1912回 「冬といえばなんですか?」


冬と言えば思い出したくなるのは漬物です。

小学生の頃同じ地区に韓国から来たお嫁さんがいました。
お嫁さんは冬になるとあちこちの、お家に白菜漬けを頼まれて出かけていました。
私家も頼んでいました。 当時の漬物桶は樽です。大きな樽 二つに漬けられていました。
塩漬けされた白菜はしばらくおかれて、
又、お嫁さんが尋ねてきます。
赤唐辛子とアミの塩辛を入れて・・・出来上がりです。
とってもおいしくてその漬物桶は蔵に貯蔵されていました。
おかずが、そんなにない時代!朝鮮漬けは、それのみで、食べられる食卓!

結婚生活の始まりは北海道!
冬場の漬物は必需品です。
最初の年に白菜漬け。やがてタクワン漬けそして聖護院大根を漬けるを、
ご近所のKさんから習いました。
四十年代 当時、漬物石ってなかったと思います。Kさんは大きな丸い石を
持って我が家にきました。川から拾ってきたと言いました。
聖護院大根の漬物はおいしかったですね。
皮をむいて、半分に切り、干す。そして塩漬け  それを酒粕、味噌をあわせて漬け込む。
このあわせ具合で味も微妙に変わるでした。
Kさんが”あげるから”と言い、持ってきた漬物石は捨てられずに”引越し”の
たびに、コンテナの中に積まれて、私らと移動しました。
貴重な品物!漬物石でした。

50年代の前半に私は漬物石(現在の)をお店から手に入れました。
40年代の漬物石とは川原で捜す石!
というより、私だけがお店で売られてる漬物石を知らなかったのかな?
40年代に漬物石を持ってらした方!いませんか!?(*^▽^*)

手に入りました・・漬物石が・・・・・・。
そして今の私がつけています漬物とは白菜づけのみ!!
お店でなんでも買えます。漬物、いろいろ(^^♪
時代です。ウフフフフ

このテーマでの投稿は二度目です。
、”書き直しをしようと・・”文面を削除!そして、そのまま・・・・。
そしたら、『ファイルがありません』で、『トラックバックテーマ』に残っていました。
FC2ブログトラックバックテーマをみてる方だけにわかりますの『ごめんなさい』
です。





相棒season13 第8話*「幸運の行方

相棒*第8話*幸運の行方
杉下右京(水谷 豊)甲斐享(成宮寛貴)お二人は防犯パトロールですね。
地方ニュースで、防犯パトロール隊のお話があれば『12月だね。年末だね。』
と感じるのね。

質店の久米(矢崎滋)は客の平と話し合っています。
「健康学習塾」と書かれたボールペンを持ち込んでいます。
平は呉服店の店主・小池(斉木しげる)の話をしています。
 「婿養子はいいな!」
 「彼は、小池呉服店のごくつぶし!役立たずだよ。絶対、ダメな人間だよ」

ある日
久米は小池が見知らぬ女性とラブホテルへ入りますを見ました。
スマホで撮影です。動画です。
で、
 『醜態をさらしてる~』
も秘密になれませんが最近の事情です。
で、
久米はこの動画で小池を恐喝ではありませんでした。
彼に反省を促す為に使いたそうでした。

なぜ、盗みに?なぜ平は殺されるはめに?
右京は
小池呉服店のそばで雨宿りをしてた彼が小池の妻にこんな
話をしていた事から、謎をときます。
 「幸運を取り戻す。
   僕の幸運はすぐ其処にあったんです。」
この幸運を取り戻す為に、恩のある久米質店に侵入
その金庫にあるのが、平の知らなかった当たり車券!
それをお守り袋に入れ、彼は質入れをしていました。

現金・ガラクタ袋を盗み出しました。
そこには、知恵をつけた、悪賢い男がいました。
大金を独り占めしたいが為に、彼の手で、平は亡くなりました。

午後二時のアリバイ作りで、久米と小池は助け合います。
お互いの弱点をつきあいながら・・・・・・・
右京、享にみつかり、アリバイを二人は尋ねられます。
 「浦島太郎をやった昔からの仲ですから・・・」と久米
私らは、二人で散歩をしていましたと。
 「私が浦島太郎で彼は亀でした・・・・・・・」と小池
思わず、笑いたくなりました。自分が浦島太郎と答えてる処に・・・。(*^▽^*)

小池呉服店の帳簿があいません・・・・・・
いいのよ。調べなくて・・・・・・・・・・と妻
夫のなさること、許せてるんでしょうね。
帳簿から消えてたお金は、小池が妻の為にと生命保険加入のお金
 「おまえは死ぬ事でしか役にたてないのか・・・・」とは久米
こんな会話は仲のよさだから言えるのだろうと思えるから、
犬猿の仲と噂されてた二人は、今回の事件で、仲良しとなれるでしょうね。

最終場面では心あたたまるお話で終了!
相棒はこんな処が好き(^^♪

さて、相棒の今回のドラマで久米質店にはちゃぶ台!!
昔の茶の間にはちゃぶ台がありました。勿論、我が家にも・・。
長男は『三丁目の夕日』が大好きになっていました。
結婚で弟が
 「結婚祝いには、何がいいかな」
 「ちゃぶ台がほしいんだけど・・・」
長男宅を尋ねたら、そのちゃぶ台がありました。
ちゃぶ台?昭和です。
何だか忘れかけてそうな『昭和』を8話でみつけた感じでした。

そして、今日、12月11日編集手帳では
ブラウン管テレビ生産が来年に終了する見通しとありました。
千々和久幸さんの一首の紹介あり
 ”それぞれの部屋に分かれて妻とわれ見ているテレビに同時に笑う”
そして、茶の間も遠くなりにけりとありました。
我が家のちゃぶ台!
そうでした。あの頃はラジオの時代でした。
プロフィール

てんとう虫

Author:てんとう虫
日常はフイットネスクラブ通い。
エアロビクス、太極拳にはまっています。
”人生は楽しむ”
をモットーに旅も大好きの主婦!

最新記事
カテゴリ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
ブログランキング
Twitter
Twitter
リンク
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
リンク
フリーエリア