QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめん、愛してる 第三話 テレビドラマ感想

ごめん、愛してる 第三話

子守唄を、魚に歌ってあげている若菜(池脇千鶴)
若菜の子守歌は、父が弟に歌っていた子守歌で
私も、子供らにこの子守唄を、歌っていました。

7月21日の読売新聞・編集手帳にこんな言葉がありました。
 ::その歌が流れた時、どこにいて、何をしていたか。
 ::メロディを聞けば人生と言う日記帳の、過去のページが
 ::たちまち開く。

♪ねんねんころりよ おころりよ
♪ ぼうやはよい子だ ねんねしな
♪ぼうやのお守りは どこへ行った
♪あの山こえて 里へ行った
♪里のみやげに 何もろうた
♪でんでん太鼓に しょうの笛

子守歌は、いろいろあるのだけど、父を思い出し、
私の子育て時代も思い出しました。
ドラマから、『人生という日記帳の過去のページ』が
開いた瞬間でした。凛華の子守歌は違うものでしたね。


黒川龍臣が死亡。
サトル(坂口健太郎)に、どんな指揮者かと聞かれた麗子(大竹しのぶ)
麗子は、素晴らしい人だったと答える。
恒夫(中村梅雀) が、葬儀に行くのか?と聞いたら行かないと答える麗子
これは、尋ねる方が?
不倫相手だった人の葬儀へは行かないでしょう?
恒夫がどうして尋ねたのかが、ちょっと、わからないな・・・・・

黒川龍臣の葬儀に
加賀美(六角精児 )と律(長瀬智也 )が一緒に来ている。
加賀美から、
 「あの男に自分の子供だとバレないようにしてくれって言われていた」
これを伝えたらダメだよ!加賀美さん!!!
事実がそうであっても、伝え方はあったよね。

”消息を知りたがって自分が調べて父親に報告してたんだよ”と、伝えたら

「会ったこともねえ、親父が死んだ。痛くもかゆくもねえ」
とは、律が録画をしなかっただろうな。

菅原洋一さんの『知りたくないの』に
 ♪あなたの過去など知りたくないの・・・
なんてが、あったけど、父親の過去の言葉なんて
 ♪聞きたくないの・・・
とは律から加賀美さんへの言葉としますか。(*^▽^*)


サトルがプロポーズの方法を、凛華(吉岡里帆)に話している。
木に風船がつけて近づくと、風船が飛んでいき、
1つだけに”Will you marry me”と書く。
割ってみると、婚約指輪がある。
これを、凛華に手伝ってと頼んでいる。

律が言う。
 「お前、あいつのこと好きなんだろう?
     なんでこんなこと、やってるんだよ。」と。
サトルは凛華の気持ちを、わかってないのかな?
おっとりしてるんだろうな!気づけないんだろうね!
お坊ちゃんだから(笑)

風船が取れないサトル。
律がその風船を割る。

 「好きです。ずっと一緒にいたいです。僕と結婚して」
すると、そこへ、麗子がやって来ました。
 「サトルの母です」
 「お会いできて光栄です」と塔子 (大西礼芳)

レストラン!
麗子が、塔子のことを褒める。
そして塔子の男関係のことを言い出す、麗子。

 「過去はどうでもいいと思っているんだ。塔子が僕との未来を考えてくれれば」
「報われない恋をしていると、ピアノが引けなくなってしまう。神さまは2つをくれないの」
 「そんなことをお母さんに言われたくないよ。」 
恋をしている、息子は強くなる。順位がかわっている。
  お母さん < 塔子

私が悩んでた、むかし、彼女から
 「神さまはみてるんだからね」
と、言われたのを思い出しました。
麗子が”神さま”と言いました。
人って、”神さま”を信じたくなる時がありそうね。

困りました。レストランに加賀美です。べらべらと・・・・・

 「葬式は行かれたんですか?電撃引退されましたが、
   恋愛関係のもつれにあると言うことですか?不倫ですよね。
              あなたと黒川さんの間には・・・」

別の席にいた律が、加賀美を殴る。
帰れ!といいながら・・・

加賀美さんには困りました。どういうつもりで?
確か、黒川からお金を受けていましたね。これからは麗子から?
たかりではありませんね。ゆすりですか。

日向家で

「あれって本当かな。塔子が僕のこと好きじゃないって?」
「あれは、麗子さんに気を使ったんじゃないかな。」
「振り向いてもらおうと思ったら、相当頑張んないと。」

凛華の、かわいすぎる会話も聞きながら・・・
あ〜ん!バカ!サトルと言いたくなります。
それに、塔子は律に名刺をわたしていましたよ(笑)


「あの記者のこと、気にしないで!なんでもなかったの」
「気にしないよ。塔子のことなんだけど!やっぱり認めて欲しい」
「あの人、あなたのことを好きじゃないって言ったのよ
「りゅうさん、辞めさせたの?りゅうさんをクビにするなら、僕は家を出て行くからね。
  僕は、お母さんが大好きだけど、人を噂や肩書きで判断するところは好きじゃない」
あらっ!サトルくんはこんな事を知ってたの?お利口さんね。
お母さんを戒めてるね。(*^▽^*)

留置所で、子守唄の夢を見る、律
留置所から出た、律
凛華が迎えにきている。

「頼みがあるんだ。膝枕をしてくれ」
凛華に膝枕をして、子守唄を歌ってもらう。
涙を流す律

凛華の子守歌は別なものでした。
初めと終わりを、子守歌・お話で、そして、第三話の感想は終わりです。<(_ _*)>


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

てんとう虫

Author:てんとう虫
日常はフイットネスクラブ通い。
エアロビクス、太極拳にはまっています。
”人生は楽しむ”
をモットーに旅も大好きの主婦!

最新記事
カテゴリ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
ブログランキング
Twitter
Twitter
リンク
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。