QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK朝の連続テレビ小説:まれ*第22話・23話・24話

NHK朝の連続テレビ小説:まれ*第22話・23話・24話
  「やっぱり嫌だ!この家出るなんてやっぱりいや」
  「もう荷物出しちゃったよ!」
  「お母さんが最初に言い出したよね」
 「文さんらの事も心配やから・・・」
 「お父さん置いてくく?男やから番犬にはなるわね」
 「何を言ってんだよ! 連れてってくれよ、」と徹(大泉洋)
こんな会話をしながらお引っ越しです。

藍子(常盤貴子)は風呂の温度についてまれ(土屋太鳳)に尋ねた。
「なんか今日、いつもよりお風呂熱かったけど?」
「今日はお父さんの好みに合わせたから・・・」
「今までは?」

文(田中裕子)は風呂からあがってきた元治(田中泯)にきがついた。
「どうしたん?」
「風呂の湯加減が・・・いや・・・」

まれは元治の湯加減にしていたのね。
元治はそれにきがついたのですが、文の為に
黙る事にした・・・・・・。
まれたちは、誰かさんから”他人ですから”と言われてたけど・・。
  ”遠くの親類より近くの他人”
まれをみていたら、まさに諺とおりの言動がみえてるがいいね。
そして今は・・・・・
『お風呂は話もする。スイッチで自分好みの湯加減にも出来る』
まれの時代だから!五右衛門風呂の時代だから!
藍子。まれ。元治。文。の思いやり会話が聞ける・・・・・・。

まれはみのり(門脇麦)と弁当を食べていた。
すると後ろで寝ていた洋一郎(高畑裕太)がなげく。
「俺の事も思いやってくれないか。なんで一子と圭太や!」
「OLの昼休みに参加しとるんね」
「元はといえば、お前が圭太を振ったからだ!責任とって俺と付き合え!」
洋一郎は一子(清水富美加)との失恋を圭太(山﨑賢人)のせいにしようとしている。
わかるな!この考えには(笑)

帰り道、まれが1人で歩いていると圭太と出会う。
「一子とは、うまくいっとる?」
「うん。漆の作業場にもよう来る。理容学校の帰りに寄ったり」
「美容師さんの勉強、真面目にやっとるんだ」
「だけど諦めとらんよ、東京は」
  『東京は』
まれは一子のあきらめてなさそう東京に元気をもらえたようだね。
恋敵は遠くに、行かせる。離すべき!!これも勝ち取る方法(笑)

元冶は文の桜餅には自分が作った塩が入っていると。
「元治さんの塩? 隠し味はそれだったの~」
塩が隠し味とは”ぜんざい”にも言えるね。
アンコには塩!これ、正しいよ。

24話
::家族だから知っている事もあり、家族でも知らない事もある。
::他人でも一緒に暮らすという事は相手を知っていくという事。
心に残った言葉

コンサートを終えたミズハはまれに、小声で『ありがとう』とささやく。
「えっ? 何ですか?」
「あっ!もっとちゃんと売れって言ってるの。余ったら市役所が買いなさいよ」
小声で言うがいい!聞こえてないがわかると、二度目を
こんな言葉で返すがいい!ウフフフフ

人と人のつながりは思いやりで広がりそう!
ミズハも能登の暮らしになじめそうね。

文達の家にもどった徹達は頭を下げました。
 「戻ってまいりました」
しかし、文は夕食を徹たちに並ばせる。
 「いきなりかよ。相変わらず人使いが荒いね」
 「血のつながりはあさましいもんで、何があっても、息子はかわいい。
    そうだけど、あんたらも、かわいい」
文さん、よかったね。
『かわいい』
この言葉、いいね。
私も、最近、あちこちで使いすぎてそう!!
どこに?
それは、思い出したら、教えるね。アハハハハハ
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

てんとう虫

Author:てんとう虫
日常はフイットネスクラブ通い。
エアロビクス、太極拳にはまっています。
”人生は楽しむ”
をモットーに旅も大好きの主婦!

最新記事
カテゴリ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
ブログランキング
Twitter
Twitter
リンク
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。