QLOOKアクセス解析

相棒season14 第19話「神隠しの山の始末」

第19話「神隠しの山の始末」

そこには遺骨があるから、遺体があるから・・・・・・
「神隠しの山」とひろめて、誰もが近づかないように・・・・・
斗ヶ沢(窪寺昭)と村井はすでに死んでいる・・・・・
そして、犯人は助役・前園でした・・・・・
やっぱり、推理をするとは難しすぎる・・・とさとってる私!(*^▽^*)

土地の粘土をつかって陶器をつくるのが村井のスタイルで、
夕霧岳の土が一週間の窯焚きにたえられないとわかった村井は助役に告げる。
陶器の街として村の繁栄を願ってたのかも知れません。
村井と助役の間でどんな、いさかいが起きたのか、わかりませんが、
『村井が死んでる』
で終わるのは、悲しい出来事です。

さて、ここで思うのは助役の”ずる賢さ”です。
村井の遺体の処理!
陶芸家夫婦(升毅 山口果林)に、
陶芸家としての後押しを約束する事を告げて、焼却させたのでした。

村井は書家としても有名でしたが・・・・・・
それも弟子・喜久子の作品でした・・・・・・
村井自筆の置き手紙で失踪と判断された七年前の事件?!
喜久子が書いたとすれば、根拠はなくなる・・・

::名のある本人にかわり文章を書きあげるゴーストライター
  じっと我慢するであれば、二人の関係はなりたつと思えます。
  聴覚を失いながらも作曲活動を続けました・・
  感動するでしょう。売れるでしょう。
  『喜久子の作品』では見向きをされなくても
  書家・村井の作品ならばお金にもなれるでしょう。

里実には夫の遠藤がいて、
遠藤は キャンプ場の点検にいくと斗ヶ沢が亡くなっていて宝石だけとって逃げたと。

里実は斗ヶ沢の子を妊娠していた。 妊娠をうちあけられた斗ヶ沢は
仕事をかたづけたら東京で一緒に暮らそうと里実に言う。 
好きになっていた彼女の妊娠にきづいて、”宝石を換金する”
東京での生活に・・ですか。
犯罪をおかしている若者(斗ヶ沢)の気持ちがここでわからなくなるのですが・・。 


 「村を守るためだったら、なんだってやってやる!」
 「やめなさい! そのことば、村の方々が納得するとでも思いますか。
   貴方のしていたことは、村に対する背徳じゃないですか。」

終わりは右京(水谷豊)さんが助役の不心得をさとしてる会話で終わりましょうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

てんとう虫

Author:てんとう虫
日常はフイットネスクラブ通い。
エアロビクス、太極拳にはまっています。
”人生は楽しむ”
をモットーに旅も大好きの主婦!

最新記事
カテゴリ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
ブログランキング
Twitter
Twitter
リンク
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
リンク
フリーエリア