QLOOKアクセス解析

金曜ドラマ 『リバース』 第一話 ドラマ感想

金曜ドラマ 『リバース』 第一話 感想

自分の周りで、こんな出来事はありません。
もしも、偶然に事故で亡くなった方の、お側にいたとしたら、
その後の人生での悲しみ・悩み・苦しみはつきないでしょう。
リバース!!
ドラマから、明かされるものは何でしょう。
観たくなる春ドラマ、一番に選びました。

私のいつも、やらかしそうな、ドジなお話から始めます。(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

サワコの朝!ツィッターに書こうとして、「ナギサ」と検索窓へ
漢字がでません。どう、読むの?
ドラマ・リバースから検索!読みは「ミナト」
新聞を読みながら、読めそうにない漢字は”前後の文章から意味は通じる”
日常をこんな感じで過ごしている。”ミナト”は”ナギサ”と読んだ?(笑)
そして、今日のお話
Gポイント・ディリークイズ 物忌の読みは?
知らないよ(笑)答えは”ものいみ”でした。
今日、初めて(笑)覚えた知識?一つ増えました?
この日のツィッターを書きながら、リバースの感想に!!(*^▽^*)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サワコの朝!今日は湊かなえさん
小説を書いたご褒美だなとロケ地へ!
自分に、自分以外の人にいい事をすればご褒美があるんだよ!
子供に伝えたくなる言葉かな♪湊さんが優先順位は主婦と答えてた。
「いってらっしゃい」の声が違うと昔、聞いた。
私の優先順位とは母だったかな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

深瀬和久(藤原竜也)は、越智美穂子(戸田恵梨香)に、
「こんな手紙が届いた」と、手紙を見せられる。
そこには、「深瀬和久は人殺しだ」と書かれていた。
同じ手紙は、同じゼミだった村井隆明、浅見康介、谷原康生にも届けられていた。
彼らは亡くなった広沢由樹の死に関わっていた。

三年前の大学時代にゼミ生仲間で、高原に行くことになった。
村井(三浦貴大)の到着が遅れる。
深瀬は、広沢(小池徹平)、浅見(玉森裕太)、谷原(市原隼人)とともに先に別荘に向かった。
夕食をとって楽しんでいる。
村井が駅から「迎えにきて欲しい」と電話をしてきた。
タクシー待ち。大雨の中で待つのはきつい。早く迎えにきて欲しいという。

広沢、浅見、谷原は酒を飲んでいる。クルマを運転できない。
深瀬は、免許を持っていない。
そんな時に、引き受けたのが広沢
誰もが、”飲酒運転は”と知りながら、止めようとはしない。
こんな時には
 「飲んでるからやめよう」よりも先に「俺がいくよ」と誰かが言い・・・
こんな時に
無言での了解がおきそうです。

村井を迎えに行き、広沢の事故死
警察や両親には、広沢が飲酒していたことは3人とも伏せていた。

深瀬は蜂蜜の正体を知って、びっくりする。蜂蜜が、”そば”の蜂蜜であるという
広沢は、そばアレルギーで、そばを食べることができなかった。
砂糖の代わりに蜂蜜入りのコーヒーを、眠気覚まし・酔い覚ましにと、
深瀬は広沢に渡していました。
運転中にアレルギーを起こした?

蜂蜜の怖さを知らなすぎる私ら!
「 乳児ボツリヌス症」を引き起こすかもしれない。
こちらは最近のニュースですが・・・・・。

人とは”知らずにいた方が良かった・・”
  【後悔】
くやんでも、取り返しがつかないのですが、
人がよさそうな方ほど、この言葉に悩まされます。
深瀬は、どうなるのでしょう・・。

ジャーナリストの小笠原俊雄(武田鉄矢)の
何かしら・・怪しんでそう!探り出そう!
小笠原の今後も、怖いかな?不気味に感じるかな?

二話が待ちどおしいです。
スポンサーサイト

相棒season15 第17話「ラストワーク」ドラマの 感想

相棒15 第17話「ラストワーク」

大屋が監督志望で短編自主映画を撮影しており,その映画製作で借金を重ねてしまいました。
妻や子供をすてて?蒸発でしたか?

自撮り動画を投稿して大成功の中鴨昌行(尾上寛之)との出会い!
二人の出会いがうまれた事で、警察を動かす事件となりました。

第一弾から第四弾まで、作り上げた動画!
右京(水谷豊)は、大屋の袖口についたステーキソースから、
撮影日。公開日。が前後していることに気づきました。

動画?拳銃を持った人物?
ステーキを食べている、男性?

不謹慎な動画!
世間の反応!現実なのかどうか・・
こうなると警察もほうておけません。そして・・・・・
捜査権のない特命係に“調査”の指令をだしました。

【調査】【捜査】

 「リアルかフィクションか・・」
冠城亘(反町隆史)が言いましたが、どちらも”調べる”がありますよね。
”捜査をしました”
となれば、”作りものの動画なのに・・なぜ?”と言われれば、問題になりかねません。
 「警察は捜査権のない特命係りに調査をお願いしていました。
                 これは、どこがいけませんか」
立派な言い逃れができます。マスコミ対策も万全です。(笑)

青木(浅利陽介)が言っていましたね。
 「警察のアリバイ作りですか」と。
むかしは伊丹さん(川原和久)が、右京らにからむ会話が
大好きでしたが、今は青木ですか。
伊丹さんの”むかし”を又、聞きたいな!観たいな!

中鴨とはどんな若者でしょう?
この人物設定がいいですね。(*^▽^*)
元ヒキコモリ!!そこにはパソコンがありました?
事件・事故現場で自撮り動画を投稿して大成功!
彼は、年収1億円とも言われていました?
ネット社会のこわさ?
最近のニュースとなる不謹慎な動画投稿をする若いひとら!
こちらは有名になりたい?


中鴨の第二弾投稿とは・・・
動画では、男性がクロロホルムをかがされ、
体の自由を奪われていた。右京は、”この男性に、次はどんなことが起こるのか”とつぶやく。

冠城は、動画に映っていた女子高校生の制服から、撮影場所の特定をしようとする。
また、右京も第二弾の動画に映った飲み屋をたよりに、
撮影場所を訪れる。
動画に映った男性に話を聞くと、
日雇い労働者で、だが、無銭飲食を繰り返してて路上生活者となっているを聞く。

冠城さんは制服で”この近くの高校かしら”と場所を探したようですね。
朝の通学時間の駅!
たくさんの女子高校生の制服にであう!
”どちらの高校だろう”を知らないのがおばさま!勿論、わかんない私(笑)

右京と亘が月本幸子(鈴木杏樹)のお店にいると
第三弾が投稿される。動画では、男性がが山道を歩かされ、
湖まで連れてかれていた。
冠城は動画に映った里中運輸のトラックに注目する。

里中運輸から、「撮影場所は、事務所の駐車場ではないか」と通報がある。
通報があるのは大事!警察が動けるよ!
不法侵入だ。。。。。。。。o(^▽^)oキャハハハ


右京が撮影日、公開日が前後してるのでは・・と?そこには袖口のシミの謎?
ここで明らかになります。
男性を大屋・名前で、ここからは登場させましょうか。(笑)
 ::大屋は湖に沈んでから陸に上がる。
 ::「みんな、面白かったか?騒がせてごめん!俺のラストワークだ!」
この撮影を終えて、二人はステーキを食べたのかな!?
第一弾のステーキシーンを、ここでとったのだろうね。

会社を退職する日には『今日がラストワークだ~』と
定年男性はつぶやくのかしら!!

大屋は、果たせなかった短編自主映画を自分の登場で撮影
中鴨の自撮り動画・投稿出来ますの満足感も与えて・・・・・
しかも、最後の優しさ・思いやりとは
動画が公開される予定日、大屋は中鴨にアリバイを証明する動画を撮影するよう電話をして・・。
自殺でした。時間差を知ってる方が出来るワザ

亡くなった自分が見つかった時に”自殺です”と中鴨の無実証明の為に動画を!!
自分自身は末期がんである。
生きてる場所が路上であったから・・・・・・
自然死を選べずに・・・・・・・・・・・・・

こういう最終場面の、相棒{ラストワーク}に”悲しさ”を覚えました。



相棒season15第15話「パスワード」異母姉妹・異母兄弟 感想

相棒 第15話「パスワード」

杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、
月本幸子(鈴木杏樹)を見舞う。
そこで、松本貴子(池津祥子)という女性と、
盲目の井上真奈美(橋本真実)が言い争いをしているのを見かける。

盲目であるから・・だから、匂いに!?
彼女が香水を調合している。何だかわかる個所!

同級生5人での食事会!そんな時にこんな話をした事がある。
 「ね。目が見えないのと、歩けないはどちらが困る?なりたくない?」
皆の答えが”歩けない方がよい。車いすがあるから・・・”
目の不自由な方の、苦しさがわかります。
で、この話は日記に書いてたから・・と過去日記をさがす!
みつけようがない!みつからない!(笑)

伊丹憲一(川原和久)、芹沢慶二(山中崇史)たちがやってくる。
真奈美のヘルパーだった小松崎洋一(小林且弥)が自宅で刺殺されて発見!

聞き込みで小松崎は”たびたび職場を変えていた”を右京らが知る。
小松崎の家で、貴子が使っていたのと同じ香水が発見される。
右京たちは貴子に事情を聞きに行く。
事件現場で、探したいもの?????
指紋?足跡?所持品? (・_・ ) ( ・_・)キョロキョロ
現場に残されていた香水?
貴子が使っていました?
さぁ~まず、貴子を訪ねましょうか。

貴子と真奈美とは、腹違いの姉妹でした。
”真奈美には父親の遺産が残されていた”ということが明らかとなる。

腹違い?
父の遺産や、叔父の海外資産を管理していたのが
腹違いの兄だったからとは、読売新聞でしりましたが・・。
遺産から暗殺へとは考えたくはありませんが・・・。

源頼朝・義経・を思い出しました。彼らも異母兄弟
こちらは兄が弟を・・でしたが、時は戦後時代!
今の世ではありません。許される時代だったかも・・・・・・


小松崎は介護をしていた人物から”寄付名目”で
現金を巻き上げる詐欺行為を行っていたことがわかります。
犯罪者は自宅パソコンに”足跡を残しません”
漫画喫茶ですか。
メールサイトの下書き機能で共犯者とのやりとり?

私のメールボックス
時々、下書きにはいる!自分ではしたつもりがない。
どうしてはいるのだろう?わからない。謎(笑)


真奈美は、怪我は、「雪の日に東京駅へ行って、階段から落ちた」と話す。
右京は、盲目で、人混みは嫌いだろうの真奈美が雪の日に出かけるというのは、
よほどの理由があった?
こちらは、最終場面近くでわかりますが・・。

小松崎の自宅から、真奈美・貴子の指紋が発見される。
一課は、貴子が小松崎と共謀して遺産を狙っていたと考える。すると貴子は
「遺産は口座に残されていなかった」と。
あぁ~もう残高調べは終えてたのね。(*^▽^*)

真奈美は、恋人の吉田光雄(田中幸太朗)にメモを渡す。
”小松崎さんが残してたんだけど・・・と言いながら・・・
吉田は、手紙に「ありがとうって書かれていたよ」と嘘をつく。
ほんとは遺産の隠し場所の住所が書かれていたのですが・・。
盲目だから?そして、
まさか、手紙は真奈美が音声ガイドによりパソコンのワープロソフトで書いたもの
だとは、疑わなかったのね。吉田さま!!!!!!
で、知っていました?右京さんが機転をきかしたから、
あなたはエタノール引火で、爆発なんてからはのがれたのですよ。


吉田は、指定された場所へと行く。
      地下室へと吉田は行く。
階段や床には瓶が敷き詰められており、吉田はそれらの瓶を割ってしまう。

暗い地下室だから?吉田はライターをつける。
瓶の中に入っていた無水エタノールに引火するはずでしたが?????
中身は右京たちによって水に替えられていました。

真奈美は、無水エタノールを注文!大量の?
右京は気付いていました。吉田を殺害する目的で注文していたのだと。

小松崎と吉田は、共犯でした。小松崎がヘルパーとして近づき、寄付を提案。
恋人役の吉田が説得をするということを繰り返していました。
しかし、小松崎は真奈美のことを愛してしまいました。

小松崎は、吉田に「こんなことはやめる」と話す。
もみ合いとなって小松崎は包丁で吉田により刺されてしまう。

共犯者というのはどちらかが改心をして、悲惨な結末を迎える事がありそう!!

真奈美は、引き出しに香水を入れており、引き出しを開ければその香りが
部屋に広がるようにしていた。それにより、吉田が家探しをしていたことが分かり、
小松崎を殺害したことに気づいた。

これ、つかえそうよ!
私は目がみえるから、『いつも同じ置き方で!同じ場所に!』
間違いをあらためない。意地悪をする。
あの人をこ手でのこらしめようっと・・。(笑)



真奈美が、雪の日にも関わらず出かけたのは、別荘に罠を仕掛けるためだった。、
ところが、右京は真奈美の狙いを読み、防いだ。
「復讐は許されることではありません」と言う右京に、
真奈美は
「あなたは、きっと冷徹な顔をした人なんでしょうね」と言う。

『冷徹』
この言葉におぉっ~となっている私
右京さんってこんな人だなと思うから・・・・・
でも、会話に”冷徹”とは私はつかわないだろうねと思っている。(*^▽^*)

角田六郎(山西惇)の
 「ひまか?」
 「課長とおなじくらい・・」と冠城
相棒で”ひまか?”は大好きですが、”課長とおなじくらい”
こちらの冠城さんに、ウフッとなれた私です。

先週はぎっくり腰で動けず!
”パソコンを休みます。ひらきません。”
を、我慢ができましたよ。あの痛みでは動けない!
ぎっくり腰のつらさを感じた10日間でした。(*^▽^*)

相棒season15第13話「声なき者~籠城」神戸尊とのお別れシーンは2012年!!感想

相棒15 第13話「声なき者~籠城」 感想
今から1年前の2016年2月 
男性が頭から血を流して倒れているのが見つかります。
現場から逃げた車の持ち主! それで真渕(三浦英)だとわかります。

スマホの位置情報から町工場に逃げた事がわかります。
犯罪にかかわった人が”私はここにいます”と教えたい?
町工場にいます・・・と警察に知れましたよ。
こんな真渕になぜなの?を感じている私
スマホ。持っていません。スマホのこと、何もわかりません。(*^▽^*)


立てこもり事件! 特殊部隊の派遣!
現場はテレビ中継!
何だかありそうだな・・が”相棒ドラマ”でおきていますよ。

災害(台風・地震など)のテレビ中継は、誰かが観て、
対策や為になりそうな・・がありそうだから、さんせい♪
”立てこもり事件”を全国にみせたところで、どうなるのでしょう。
というより、犯人逮捕に懸命の警察官への邪魔になるだけとは思わないのかしら?
犯人のそばにテレビがあったら?
事件のテレビ中継に・・・はんたいです。・・・の私

現場に居合わせた右京(水谷豊)と冠城(反町隆史)は勝手に捜査を始めて
後で中園参事官(小野了)にしかられていましたね。(笑)
「さっさと出頭して、しかられてからこっそり動いた方がよくありません?」
と冠城
なるほど!よく心得ていますね。これって、上司への対処法に使えそうですね。(笑)

いつも、二人は事件解決に導くのに・・・・・
右京はマイペースなんだろうな!かわいくないんだろうな!
十把ひとからげと、言ってもいいかしら!
右京のそばにいるから冠城も、煙たがられている。(笑)


事件前に女の子に声をかけていた、若い男性の事を知ります。
その男性が何者かは、後にわかりましたが・・。

捜査本部に真渕からメールが届きます。
”吉井聡美という女性を連れてくれば、人質は解放する”とあり!
しかし、聡美は3週間前に亡くなっており、
真渕には亡くなっている事を隠します。

なつかしいな!神戸尊(及川光博)の登場です。(●⌒∇⌒●) わーい

吉井聡美は神戸尊が大河内から個人的な依頼で、
身辺を調査していた女性でした。
身辺調査?
調査対象になる吉井聡美とは?
その女性に会いたがる真渕とは?

ほ~ら!ほ~ら!
登場人物がふえる度に、謎も深まるよ!
”渡る世間は鬼ばかり”
一人っ子ではありません。姉妹が多い!
脚本!!
一人っ子だと、話の広がりが少ない。家族は多い方が良い。
叔父・叔母・甥・姪・等!そこに義理がはいるともっと面白くなる(笑)

真渕を調査した右京らは彼が
企業や団体がネットを通じて外注するクラウドソーシングに
登録していた事がわかります。
事件との、かかわりを疑う右京は、
鑑識の米沢に押収した真渕の
パソコンを調べて欲しいと頼みます。

いいな!米沢(六角精児)も登場です。(●⌒∇⌒●) わーい
冠城との、掛け合いがよかったな♪面白い♪笑えたよ♪

ここにのぞき見をする男が現れます。
立てこもり現場に女の子がいるのを目撃しネットに動画を送ります。。
知った情報は全てネットにが、彼ら!
相棒ドラマで、今回、今風の若者の姿をしっかりと学べましたよ(-_-;ウーン

『女の子がいます』
で突入は延期されました。

右京と冠城は小学校を訪ね、女の子の身元を調べます。
彼女は転校してきたばかりの生徒で
若い男性に声をかけられていたのが
進藤あかりだとわかりました。

消防署で真渕の写真を見せたら
真渕は被害者
立てこもり犯は別人で、あかりの兄だろうとなります。
ドラマを観ていた私らにはわかったわね。
あかりは”お兄ちゃん”と呼んでいたよね。(*^▽^*)

夜になって、右京に神戸尊(及川光博)から
電話がかかり、”吉井聡美さんの事で話したいことがあります。”
右京と神戸尊の再会です。つづくとなりました。
後編が楽しみです。

神戸尊が去ったあの日を思い出しました。えんぴつ過去日記で!!

2012年3月22日相棒10
**花の里 女将(鈴木杏樹)の登場は午後9時頃でした。
**最終回でした。二時間でした。
**女将は、一時間が終える頃、登場ですかしら?!
**二時間目は、お二人でのお別れシーンとせねばなりません。(^∇^)
**杉下右京(水谷豊)。神戸尊(及川光博)。お別れの言葉は
** 「又、いつか、どこかで・・・」
** 「じゃ・・・」
**短すぎる言葉から、お二人の気持ちを考えることにしました。
**車から手をふりながら去っていく神戸尊

「又、いつか、どこかで・・・」
2017年2月1日 お二人は再会 出来ましたよ。(*^-゚)vィェィ♪

相棒 season15 第12話「臭い飯」感想*読売新聞気流掲載から!

相棒15 第12話「臭い飯」 感想

右京(水谷豊)と冠城(反町隆史)は冠城の行きつけの
レストランで食事をしていました。

オーナーのしおり(入山法子)は、テレビに出ていた有名人です。
美人です。
 「おめあてはそちらでしたか」右京
 「は~い?」冠城
男性は美人に弱いようです。冠城の”は~い”の時の表情が
よかったね。(*^▽^*)


郊外の倉庫から
白骨化された遺体が発見されました。、
捜査一課に捜査要請が入りました。
骨だけで?
身元の手がかりなし?可能性がうすい?
労力を惜しむ割にあわない?
こんな事件は特命係にお任せしましょうか。(笑)


現場に向かった右京と冠城は、
米が入った袋と紙片を見つけます。
「大手米穀販売会社・タキガワが、主食用の米に加工用米を混ぜて販売している」と
いう告発文

骨だけの遺体・・の処に米。告発文があった。不思議な謎は最後にわかりました。

遺体の身元が判明する。
蜂矢という男性で、
協力雇用主制度を利用して タキガワに就職した人物でした。

右京達はタキガワを訪問しますが、
社長は食品偽装を否定しました。


右京はタキガワで雇用されていた元受刑者のリストから
失踪と同時期に逮捕された人物!
亀井(笹野高史)をみつけました。

刑務所に行ったり来たりしている男性
亀井は
「殺しはしていないよ」と。
殺したから、刑務所に逃げ込んだ?
私の浅はかな考えが、彼の言動を聞きながら・・
右京らの問いかけを聞きながら・・間違えている・・・
に気づいていきましたが・・・。


右京らは出所した亀井から話を聞きます。

亀井の話です。
タキガワでは元受刑者だけ
狭い倉庫に入れてそこで、米を混ぜていたようです。
協力雇用主制度を悪用している会社とは、
何だかありそうだな・・・。
こちらはドラマでのお話でしたが・・・。

そんな時に、
蜂矢の所持品が見つかります。
ゴミ置き場から見つかったのですが、
防犯カメラの映像からタキガワ社長が
捨てたようでした・・・

工場長が蜂矢の失踪前を話し始めます。

タキガワ社長は、
蜂矢が失踪する前の日から
愛人とイタリアに行っていた・・・。
愛人とはしおり・・・。
冠城が彼女に話を聞くと、
しおりは不倫関係だった事を話します。
冠城が気になっていた女性とは不倫?
  『人は見かけによらないね』
ここでは、この言葉を言いたくなっていた私ニャハハ(*^▽^*)

右京は亀井の実家の工場を訪ねる。
蜂矢の所持品についていた鉄くずを思い出す。
所持品を隠していたのは亀井?

ここから亀井の我慢が出来なかったのだろうな・・の
自殺を、他殺に見せて、犯罪の告発者となる、姿!!
感動するお話でドラマはつづく・・・・・・


**社会復帰したかった蜂矢は
  食品偽装に我慢できなかった。

右京が問う
 「 亀井さん、
   蜂矢さんは自殺だったのでしょう?
    それを発見したあなたは、
     ただの自殺にしたくなかった。死因をごまかして、
        他殺に見せかけた・・・・・。」

亀井
「全てはあなたの憶測だ。」と。

右京
「蜂矢さんの所持品についてた粉が
   息子さんの工場のものと一致しました。」

ゴミを収集していた男は亀井の共犯者でした。


**俺なんかが告発しても意味がない。
**俺たちは前科者だよ。
**家族にも相手にされない。
これらが罪を犯した人らの立ち直りの難しさかもしれませんね。


ほとんどの人生を軽犯罪を繰り返し刑務所で過ごす人ら
そして、新聞である記事をみつけての投稿・お話・

=============================
2006年読売新聞気流に投稿掲載されたを思い出しながら
中身のちょっとを書き込みました。

刑務所に多額税金投入に疑問
来年2月ごろ山口県美弥市完成する「美弥社会復帰促進センター」が、報道陣に
公開された様子を先日の本紙で読みました。公共施設などの建設や維持管理、運営に
民間の資金やノウハウを導入するPFI方式で設置される全国初の刑務所とかで
施設のあまりのすばらしさに驚くと共に、疑問を感じました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
快適なモデルルームを見せられた上、自由は失いながらも衣食住が完備したところで
職業訓練までうけて社会復帰ができる事を考えれば釈然としない気持ちがあります。
受刑者の為にここまで立派な施設をつくる必要があるのか考えてしまいます。
世間には貧しくても法を犯さずまじめに必死に生きてる人も少なくありません
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

============================

お正月特番は見逃しました。再放送があれば嬉しいな(^^♪
で、久しぶりの相棒ドラマ感想です。



プロフィール

てんとう虫

Author:てんとう虫
日常はフイットネスクラブ通い。
エアロビクス、太極拳にはまっています。
”人生は楽しむ”
をモットーに旅も大好きの主婦!

最新記事
カテゴリ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
ブログランキング
Twitter
Twitter
リンク
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
リンク
フリーエリア